「北九州市と周辺市町村の皆さま」のための身近な法律相談 「北九州市と周辺市町村の皆さま」のための身近な法律相談

交通事故を相談できる専門家は?弁護士を選ぶべき理由とメリット

交通事故に遭ったとき、自分1人でできることには限界があります。
専門家の力を頼りたい方も多いでしょう。

ただ交通事故を相談できる専門家にはいくつもの種類があり、「誰に相談してよいかわからない」といった疑問が少なくありません。

今回は交通事故に対応できる専門家の種類やそれぞれにおける業務内容の範囲、弁護士を選ぶべき理由について解説します。

これから交通事故の相談を検討されている方はぜひ、参考にしてみてください。

1.交通事故を相談できる専門家の種類

交通事故の相談ができるのは、一般的に以下の3種類の専門家(士業)です。

1-1.弁護士

弁護士は法律の専門職であり、書面作成や本人の代理人業務、すべての裁判所における裁判代理業務などを幅広く取り扱えます。
3つの法律職の中で権限がもっとも大きく、対応可能範囲も広い資格です。

1-2.司法書士

司法書士は登記業務のほか、裁判所に提出する書面作成の代行などを行います。
認定司法書士であれば一定金額までの案件について「示談交渉」を代行できますし、保険会社ともめたときには「簡易裁判所」の代理権が認められます。

認定司法書士とは
司法書士の中でも専門の研修を受けて国から認定された司法書士です。
一般の司法書士は示談交渉や裁判代理に対応できませんが、認定司法書士の場合には140万円までの経済的利益の案件の交渉代理、簡易裁判所での訴訟代理が可能となります。

1-3.行政書士

行政書士は役所(都府県庁、市区町村役場など)に提出する書類の作成や提出などの代理を行う専門職です。
当事者の代理人として交渉したり裁判を起こしたりすることはできません。

2.弁護士、司法書士、行政書士の違い

【弁護士、司法書士、行政書士の違い一覧表】
弁護士 司法書士 行政書士
示談交渉の代理 認定司法書士であれば140万円まで対応可能 ×
裁判所への書面提出 同上 ×
裁判の代理 認定司法書士であれば簡易裁判所案件のみ対応可能 ×

2-1.示談交渉の代理

交通事故で保険会社と示談交渉をするときには、相手と意見が合わずにもめてしまうケースが少なくありません。保険会社の提示する過失割合や賠償金額に納得できない方も多いでしょう。
専門職に示談交渉を任せると負担が小さくなりますし、有利な条件で解決できる見込みが高まります。

示談交渉の対応範囲は各専門職によって大きく異なります。

弁護士の場合

弁護士には全面的な代理権が認められ、制限はありません。
金額や案件の性質に関係なく、どういった交通事故でも示談交渉の代理ができます。
重大な後遺障害が残った場合や死亡事故などでも弁護士を選べば問題はありません。

司法書士の場合

司法書士の場合、示談交渉に対応できるのは「認定司法書士」のみです。
また認定司法書士であっても「請求金額の上限は140万円」に制限されます。
それ以上の損害賠償金を請求する事案は司法書士に依頼できません。

交通事故で賠償金額が140万円以下となるのは小さな事故に限定されます。それ以外の事案では司法書士ではなく弁護士に依頼しなければ対応が難しくなるでしょう。

行政書士の場合

行政書士には代理権が一切認められないので、示談交渉の代行はできません。

「非弁行為」は法律違反

行政書士が示談交渉を代行した場合や、認定司法書士であっても140万円を超える案件で示談交渉を代行した場合には「非弁行為」となります。
非弁行為とは、弁護士ではないものが報酬を得る目的で法律業務を行うことです。

示談交渉や訴訟などは法律業務なので、基本的に弁護士しかできません。認定司法書士はその例外です。

非弁行為は「弁護士法」によって厳しく禁止されており、違反すると「2年以下の懲役または300万円以下の罰金」という重い処罰を下されます。

3.弁護士に相談するメリット

3-1.どのような案件にも対応できる

弁護士であれば、交通事故に関するあらゆる案件に対応できます。
小さな物損事故から後遺障害の残る重大事故、死亡事故まで制限はありません。
交通事故を得意とする弁護士であれば、これまでに多種多様な交通事故案件を解決してきた実績をもとに、知識や経験を蓄積しています。

3-2.賠償金の増額が見込める

弁護士が示談交渉をするときには「弁護士基準」で賠償金が計算されます。
弁護士基準は任意保険会社の基準より高額になるため、弁護士に示談交渉を依頼すれば賠償金が増額することが通常です。

3-3.全体を見据えたアドバイス、対応を受けられる

弁護士はあらゆる交通事故の案件で示談交渉の代理ができますし、訴訟にも対応しています。

弁護士が被害者から相談・依頼を受けたときには、最終解決までの道のりを見据えてアドバイスを行い、最良の結果を得られるよう責任もってサポートを提供します。

交通事故のご相談はおりお総合法律事務所まで

弁護士に依頼すると多くのメリットがありますが、どのような弁護士でもよいわけではありません。常日頃から交通事故に積極的に取り組んでおり、解決実績の高い専門家を選びましょう。
当事務所では北九州で交通事故被害者サポートに熱心に取り組んでおり、知識とノウハウを蓄積しています。九州で交通事故に遭われてお悩みの方がおられましたら、是非とも一度ご相談ください。

その他の関連コラムはこちら

地元密着で1,000件を超える実績(2018年)の法律相談を是非ご利用ください。

完全予約制

ご予約受付:093-692-5366(平日9:00~18:30 土曜9:00~12:30)

ネット予約24時間受付中

当日・前日のご連絡でも空きがあれば相談可能です。

法律相談お申込み

完全予約制

ご予約受付:093-692-5366(平日9:00~18:30 土曜9:00~12:30)

ネット予約24時間受付中

当日・前日のご連絡でも空きがあれば相談可能です。

交通事故、債務整理、相続・遺言、不倫慰謝料の相談は初回30分無料です。

その他の相談内容についてはこちら


遠賀町役場から車で10分~14分程度
中間市役所から車で14分~18分程度
鞍手町役場から車で20分~26分程度
水巻町役場から車で7分~9分程度
芦屋町役場から車で16分~22分程度
岡垣町役場から車で16~24分程度
直方市役所から車で28分~40分程度