「北九州市と周辺市町村の皆さま」のための身近な法律相談 「北九州市と周辺市町村の皆さま」のための身近な法律相談

遺産分割に弁護士は必要?弁護士に依頼するメリット

遺産分割においては、相続人が自分たちだけで取り組むより弁護士に依頼する方がスムーズに進められるケースが多々あります。

弁護士というとハードルを高く感じるかもしれませんが、最近は親身に対応してくれる弁護士も増えており、身構える必要はありません。

今回は遺産分割を弁護士に相談・依頼するメリットをご紹介します。
相続手続きを進めようとしている方、他の相続人ともめて困っている方はぜひ、参考にしてみてください。

1.弁護士に相談・依頼できること

まずは遺産相続において弁護士にどういったことを相談・依頼できるのかみてみましょう。

  • 相続人調査、相続財産調査
  • 遺産の評価方法、遺産分割の方法についてのアドバイス
  • 遺産分割協議、調停、審判の代理
  • 遺産分割協議書の作成
  • 遺言書が無効かどうかを確定する手続き(調停、審判)
  • 遺留分侵害額請求の代理
  • 遺言書の検認
  • 使い込まれた預金の調査、取り戻し
  • 相続放棄、限定承認

弁護士は遺産相続に関するほとんどすべての事項に対応できます。
相続人の立場になって困ったときには、ぜひ相談してみてください。

2.遺産分割において弁護士に相談・依頼するメリット

以下では遺産分割において弁護士に相談・依頼するメリットをご紹介します。

2-1.法律の正しい考え方を理解できて不利益を避けられる

遺産分割の際には、各財産の正確な評価や法定相続割合に応じた分配方法など、さまざまな法的知識が必要とされます。
素人同士が話し合うと、どうしても知識不足により一方が不利益な結果になってしまうケースも少なくありません。

弁護士からアドバイスを受けておけば、遺産を適切に評価して公平に分配できるので、誰かが一方的な不利益を受けるリスクが低下します。

法律に従った適切な分割方法を実現できるのは大きなメリットとなるでしょう。

2-2.相続人や遺産内容の調査についての適切な助言を受けられる

遺産分割協議の前提として、相続人調査や相続財産調査をしなければなりません。
相続人調査ではたくさんの戸籍謄本類を取得する必要があり、大変な手間がかかります。自分たちで対応すると漏れが発生してしまう可能性も高くなるでしょう。
相続財産調査においても、の方が遺産を探しきるのは難しい場合もあります。
弁護士に相続人調査や相続財産調査を相談すると、適切な助言を受けることができるので漏れも発生しにくくなる相続人メリットがあります。

2-3.専門家の意見を聞くことで安心できる

遺産相続に関してわからないことがあると、人は大きな不安を抱えるものです。
他の相続人ともめてしまったらストレスも感じるでしょう。
弁護士に相談して法律の専門家としての観点から正しいアドバイスを受けられたら、大きな安心感を得られます。
法律的な考え方に従って行動すれば、間違った方向に進んでしまうリスクはありません。
不安がおありなら、一度早めに弁護士に相談するようお勧めします。

2-4.遺産分割をスムーズに解決しやすくなる

遺産分割を進める際、相続人同士の意見が合わずにトラブルになるケースが少なくありません。
自分たちだけではどうやって遺産を分ければよいか、判断しにくいこともあるでしょう。当事者同士ではどうしても感情的になり、トラブルが大きくなってしまいがちです。

そのようなときには、弁護士に相談して法律に従った遺産分割の方法を確認してみてください。

2-5.遺産分割調停や審判も依頼できる

遺産分割協議でもめてしまい、どうしても合意できなければ家庭裁判所で遺産分割調停や審判を申し立てる必要があります。
ただ調停や審判を申し立てるには手間がかかりますし、自分だけで調停に参加するとなると不安を感じる方もおられるでしょう。

弁護士に依頼すれば、調停や審判の申し立て手続き、裁判所のやり取りなどすべて任せられます。調停には弁護士が一緒に出席するので安心できます。

審判になったときには法律的な主張や証拠の提出が要求されるので、弁護士がいないと著しく不利になってしまうこともあります。

遺産分割協議が決裂して調停を申し立てるなら、早めに弁護士に相談しましょう。

2-6.遺言書の無効を確認する手続きを依頼できる

遺言書が発見されても、すべての相続人が納得するとは限りません。
遺言書が有効かどうかが争いになる場合もあり、時には調停や訴訟で遺言の有効性を確認する争いまで発展することがあります。

自分たちだけで遺言無効確認調停や訴訟に対応するのは大変ですし、素人判断で対処すると大きな不利益を受けてしまうリスクも高まるでしょう。

弁護士に依頼すれば、裁判所での各手続きに適切に対応できますし手間も省けます。
遺言書の有効性が争いになったらすぐに弁護士に相談しましょう。

2-7.使い込まれた預金の取り戻しを依頼できる

相続が発生すると「遺産の使い込み」が問題となる場合があります。
被相続人と同居していた相続人などが、被相続人名義の預貯金を勝手に使ってしまってトラブルになるパターンが多数です。

預貯金の使い込みが疑われると、遺産分割協議を進めるのが非常に困難となります。話し合いで解決できない場合、裁判所で不当利得返還請求や損害賠償請求などの訴訟をしなければならない可能性もあります。
自分たちで対応していると、預貯金の使い込み問題と遺産分割の問題が紛糾して収集がつかなくなるケースも少なくありません。

弁護士に依頼すると、取引履歴を参照して預貯金の使い込みの有無や金額を明らかにしたり、相手方と交渉して解決へ導いたりできます。

使い込みトラブルで困ったときには早めに弁護士に相談しましょう。

2-8.遺留分侵害額請求を依頼できる

不公平な内容の遺言書が遺されたり高額な贈与が行われたりすると、相続人の「遺留分」が侵害される可能性があります。

兄弟姉妹以外の相続人には遺留分があるので、遺留分の侵害者へ「遺留分侵害額請求」をすれば、お金で遺留分を取り戻せます。
ただ自分たちで話し合おうとしても、お互いが感情的になって合意しにくいものです。遺留分の金額をどうやって計算すればよいかわからない方も多いでしょう。

弁護士に相談すれば遺産の評価や遺留分の割合計算を正確に行い、相手方と交渉してスムーズに遺留分トラブルを解決できるメリットがあります。

ただし遺留分侵害額請求には「相続開始と遺留分侵害を知ってから1年」の時効もあるので、早めに弁護士に相談しましょう。

当事務所では遺産相続案件を多数取り扱っており、様々なご要望に対応しております。

  • 手続きにかかる手間を省きたい
  • 相手ともめている
  • 相続にどう対応すればよいかわからない

お困りごとがおありでしたら、お気軽にご相談ください。

その他の関連コラムはこちら

地元密着で1,000件を超える実績(2020年)の法律相談を是非ご利用ください。

完全予約制

ご予約受付:093-692-5366(平日9:00~18:30 土曜9:00~12:30)

ネット予約24時間受付中

当日・前日のご連絡でも空きがあれば相談可能です。

法律相談お申込み

完全予約制

ご予約受付:093-692-5366(平日9:00~18:30 土曜9:00~12:30)

ネット予約24時間受付中

当日・前日のご連絡でも空きがあれば相談可能です。

交通事故、債務整理、相続・遺言、不倫慰謝料の相談は初回30分無料です。

その他の相談内容についてはこちら


遠賀町役場から車で10分~14分程度
中間市役所から車で14分~18分程度
鞍手町役場から車で20分~26分程度
水巻町役場から車で7分~9分程度
芦屋町役場から車で16分~22分程度
岡垣町役場から車で16~24分程度
直方市役所から車で28分~40分程度