「北九州市と周辺市町村の皆さま」のための身近な法律相談 「北九州市と周辺市町村の皆さま」のための身近な法律相談

個人の自己破産について

1 自己破産とは

自己破産とは、裁判所に申立てをして、債務の支払いを全額免除してもらう手続きです。今回は個人の方の自己破産のメリットとデメリットの解説を致します。

2 自己破産のメリット

(1)債務を全額免除してもらえます(税金や養育費、社会保険料等は例外)

任意整理や個人再生手続きでは、債務が残り、手続き後もしばらく返済義務が生じますが、破産では債務が全額免除になるため返済義務は生じません。

(2)新たに取得した財産は換価されることはありません

自己破産手続きの申し立てをして、裁判所が開始決定をした後に取得した財産や収入については、原則的に換価されませんので、自由に用いたり処分することができます。

(3)日常生活は保障されます

自己破産をした場合、一定額以上の財産価値のあるものは換価され配当されますが、最低限生活費に必要な金銭、日常生活用品などは取り上げられることはありません。

3 自己破産のデメリット

(1)日常生活に必要な財産を除いた資産は処分されます

破産手続きは、破産者の資産を換価して債務の弁済にあてることを想定しているため、日常生活に必要な財産を除いた資産(持ち家や一定額以上の資産(新車等))は処分されます。この点、どのような資産が処分されることになるかの詳しいご相談は、弁護士までご相談ください。

(2)債務の免除が認められない場合があります

破産手続きでは、借金原因がギャンブルや浪費などの場合には免責が認められない場合があります。免責が認められなければ債務は残り続けてしまいます。一方、個人再生手続きではこのような理由であっても手続きが可能であるため、このような場合は破産ではなく個人再生を検討することになります。

(3)破産手続き中に職業の資格制限があります

破産手続きでは、手続き期間中に一定の職業に就くことができません。例えば、警備員や生命保険外交員などの仕事には就くことができなくなります。一方、個人再生手続きではこのような制限はありません。

4 まとめ

以上、自己破産のメリット、デメリットを挙げましたが、破産手続きは債務(税金等除く)が全て免除されるという特徴があるため、借金を返済できない方が経済的な再スタートを切るための最適な手続きといわれています。債務額が大きくなり返済の目途がたたなくなった方は、破産を検討されると良いでしょう。

おりお総合法律事務所では、個人の方や法人の方の破産手続きを多く取り扱ってきました。破産についてご相談のある方は、ご連絡ください。

その他の関連コラムはこちら

地元密着で1,000件を超える実績(2016年)の法律相談を是非ご利用ください。

完全予約制

ご予約受付:093-692-5366(平日9:00~19:00 土曜9:00~13:00)

ネット予約24時間受付中

当日・前日のご連絡でも空きがあれば相談可能です。

法律相談お申込み

完全予約制

ご予約受付:093-692-5366(平日9:00~19:00 土曜9:00~13:00)

ネット予約24時間受付中

当日・前日のご連絡でも空きがあれば相談可能です。

交通事故、債務整理、相続・遺言、民事訴訟(訴えられた方)の相談は初回30分無料です。

その他の相談内容についてはこちら


遠賀町役場から車で10分~14分程度
中間市役所から車で14分~18分程度
鞍手町役場から車で20分~26分程度
水巻町役場から車で7分~9分程度
芦屋町役場から車で16分~22分程度
岡垣町役場から車で16~24分程度
直方市役所から車で28分~40分程度